南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ読了してないんですが、どうしても書いておきたかったので。

岩波新書。2008年4月22日第1刷発行。294頁。
中国の五大小説 上 (1) (岩波新書 新赤版 1127)中国の五大小説 上 (1) (岩波新書 新赤版 1127)
(2008/04)
井波 律子

商品詳細を見る


著者の井波氏は国際日本文化研究センター教授。専門は中国文学で、筑摩書房の『正史三国志』の翻訳に参加、その後個人で『三国志演義』の全訳も成されており(ちくま文庫)、三国志関係の著述という意味では第一人者と言って良いと思います。

『三国志演義』関係に限定すれば、上記の全訳の他、本書と同じく岩波新書に、そのものズバリ『三国志演義』という本があります(1994年)。
三国志演義 (岩波新書)

ので、本書も期待して読み出したんですが。
[井波律子『中国の五大小説(上)』読了……してない(笑)]の続きを読む
スポンサーサイト
ちくま文庫。2000年11月8日第1刷発行。446頁。
三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)三国志 きらめく群像 (ちくま文庫)
(2000/11)
高島 俊男

商品詳細を見る
[高島俊男『三国志 きらめく群像』読了]の続きを読む
 この記事は、mujinさんのこのエントリ(というかコメント欄でのやりとり)に触発されております。

 ちなみに書評の本体はコチラ

 さて、『諸葛亮孔明―その虚像と実像―』では、固有名詞に所謂「旧字」を用いています。引用した部分でも陳「壽」と三「國」志となっていることからも判ります。固有名詞以外は新字ですので、三国時代の第2字は、「国」になります。
 渡邉氏が、どのような意図でこのように書くかは、本文中に言及がないため不明です(何らかの思想はあるのだと思いますが)。ですから、固有名詞に旧字を用いることの是非は、ここでは考えないことにします。
 問題にしたいのは、「固有名詞を旧字にしたいらしいんだけど、なっていない」という点です。
 まず、確認しておかなければならないのは、旧字・正字・本字、まあ言い方は色々ありますが、原則的に、現代日本では『康熙字典』の字体を、旧字と考えていること。
 例えば、本書において、関羽は「關羽」と表記されます。だけど、旧字にするんだったら、「羽」ではなくて「翊」から「立」を除いた形にしなければならない。諸葛亮の「諸」だって、「日」の上に点があるべきですが「諸」のままです。
 無論、著者である渡邉氏が、字体の不統一に気がついていないはずがなく、出版社との関係等々で、この形になっているのでしょう(因みに、同じく渡邉義浩『三国政権の構造と「名士」』では、キッチリ旧字に統一されています)。
 しかし、結果的に『諸葛亮孔明』においては、「固有名詞に用いられる漢字の中、字体が新字と旧字で派手に違うもののみ新字にする」という、物凄く中途半端な基準が用いられていることになります。 これは流石に意味がないのでは、と思った次第。

 旧字・新字については、別に思うことがあるので、改めて述べてみたいと思っています。

                  → 派生記事「正字と俗字、旧字と新字」


   → 書評目次へ戻る
   → 総目次へ戻る

にほんブログ村 本ブログ 歴史書へ


 新人物往来社。1998年2月10日初版第1刷発行。248頁。
        Amazonで買えます → コチラ

 帯の惹句「孔明と劉備はせめぎあっていた! 30年ぶりに歴史学者が挑んだ諸葛
亮論」に内容は尽きているかと思います。
 30年前の著作とは、狩野直禎『諸葛孔明―中国英雄伝』(人物往来社、1966)を差す
のでしょう。
 全3章からなり、「第1章 陳壽の描く諸葛亮」「第2章 虚像」「第3章 実像」となって
います。大雑把に言ってしまえば、第1章は正史『三国志』本文、特に蜀書・諸葛亮伝
の概説、第2章は正史以後の諸葛亮像の変遷、第3章は「名士」を鍵語とした渡邉氏
独自の諸葛亮論となります。
 無論、本書の眼目は第3章にあるわけですが、この「名士」によって三国時代を読み
解くという作業は、渡邉氏が本書の後に刊行された、 『三国政権の構造と「名士」』
(汲古書院、2004年)において委曲を尽くされているので、ある意味、本書の第3章は
「中途半端」ではあります。
 また、第1章・第2章は手際よくまとまってはいますが、既存の書籍からも得られる情
報がほとんどで、辛辣に言ってしまえば「新味」はありません(個人的には、「第2章
第1節 『官』製の諸葛亮像」は新鮮でしたが)。
[渡邉義浩『諸葛亮孔明―その虚像と実像―』]の続きを読む
 477-505頁掲載。

 貂蝉をめぐる議論というのは、ここ最近『演義』研究の一つのトレンドになっているようで、
特に、関羽が貂蝉を斬るという演劇をめぐる論文が幾つか発表されています
(『論集』に収録されている大塚先生の論文など、「関羽が貂蝉を斬るのはなぜか」
というそのものズバリのタイトルです)。
 この問題について議論される際、まず注目される点として、『演義』とは異なり、
『平話』や雑劇では、元来、呂布の妻として設定されていることがあります。
二人は戦乱で離れ離れになり、貂蝉は王允に庇護され、「連環計」に「利用」されるわけです。
 『演義』の貂蝉が広く知られているがゆえに、『平話』や雑劇のこの設定は「新鮮」であり、
貂蝉の最期と合わせて様々な議論を喚起するのだと思います。
 ただし、その際、『演義』の貂蝉が何故呂布の「妻」では無くなったのか、という点は
等閑視されてきたような印象があります
(勿論、貂蝉関係の論文を全部読んだわけではありませんが)。
 つまり、『演義』に先行するテキストに注目するあまり、『演義』が等閑視されるという、
日本における正史と『演義』の関係と似たような関係が存在していたわけです。
 仙石氏の論文は、正しくこの等閑視されていた点に注目したものであり、
『演義』の貂蝉は何故妻では無く、王允の歌伎となったかの説明を試みています。
[仙石知子「毛宗崗本『三国志演義』に描かれた女性の義-貂蝉の事例を中心として-」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。