南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

strapさんの記事に触発されて関羽(と周倉ネタ)。


strapさんご指摘の通り、『演義』の周倉には
水練達者という設定があります。


もっとも、『演義』では、この回にしか周倉が水中で活躍する話はありません。


結局のところ、何で周倉が水練達者なのかはよく解らない。
これもstrapさんご指摘の通り、周倉は「黒面」と設定されていて、
これは五行説では水にあたるわけですが、
『演義』では龐統(第57回)や南蛮の兵士(第88回)も
「黒面」なので、水との関連性を強調するには弱すぎる
根拠かも知れません。


それに個人的には周倉の容貌ってのは張飛のそれに由来している気がします。


神戸の関帝廟なんかが顕著ですが、
関羽の脇侍、関平と周倉のはずなんですが、
劉備と張飛にも見えなくはない。


少なくとも周倉の黒面というのは、
すぐさま張飛を聯想させるものだと思います。
(明清代の画像などを見ても張飛は黒面で描かれることが
多いようです)


つまり、劉関張の三人という組み合わせがまずあって、
関羽が神格化されてゆく過程で、劉備が関平に、
張飛が周倉にスライドしていったのではなかろうかと。


まだ、思いつきの段階で、全然考証してませんが。

[関羽と水神信仰]の続きを読む
スポンサーサイト

集英社文庫。2007年2月25日第1刷。390頁。
封面書影(クリックするとAmazonへ跳びます)

衝撃の第5巻。


※以下、かなりのネタバレを含みます。未読の方は注意!!

[北方謙三『水滸伝五 玄武の章』読了。]の続きを読む

何故か、地元の家電量販店でカノンを発見。
クリックすると魂ウェブへ
即購入(笑)。


ベッドタウンにある店なので、結構穴場なのかしら?
わずか3km離れたリサイクルショップではプレミアが
ついているというのに(苦笑)


ついでに1000円で投げ売りしていた
リボルテックのコンボイとメガトロンを購入。
リボルテックはとしばらく購入打ち止めかなあ。
エヴァは要らないし。
アッセンブルボーグが動き出したら
買ってしまいそうだが。

えらく間があきましたが、呂布の身長の続きです。
ちなみに前項はこちら → その1 その2


さて、『演義』の呂布の身長が何で一丈なのか。
まあ、適当に書いてみたっていうのが真相かも知れませんが、
こんな考え方もできるかなというのを一つ。


前にも書きましたが、『演義』通行本では
呂布の身長についての言及はありません。


なんですが、呂布と「一丈」がまったく無関係かと言うと、
そうでもない。

[呂布の身長(三続)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。