南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「最も罪深い新字(笑)」の続きです。

 
当用漢字表を眺めていると、略字の後に正字を示している例があることに気づきます。例えば、臼部の「旧」の後には括弧書きで「舊」が置いてあります。基本的には、1略字の後には1正字のようですが、1つだけ例外が。
 辛部の「弁」の後には「辨」「瓣」「辯」の3字が括弧でくくられています。つまり、「弁」という字は、この3字の略字と看做すと指定されているわけです。
 言うまでもなく、「弁」「辨」「瓣」「辯」は(日本語音でも現代中国語音でもほぼ同音ではありますが)すべて別字です。「弁」はかんむりの一種を表す字であり、「辨」は「わきまえる」、「瓣」は「あまねし」「はなびら」、「辯」は「道理を説きあかす」「いいあらそう」「口だっしゃ」等の義です(参考:角川『新字源』)。
 つまり、「弁別」「花弁」「弁護士」の「弁」は、本来、「辨別」「花瓣」「辯護士」と書き分けられるべきであり、これらに対し「弁」を用いるのは「当て字」であり、「弁」本来の字義とは何の関係もありません。言い換えれば、「弁」はもはや表意文字ではなく表音文字として用いられているわけで、「弁別」「花弁」「弁護士」等は、その字面から意味を判断することは不可能な単語ということになります。
 他に「予」「豫」「余」「餘」「台」「臺」も本来別字であり、同音であることに拠り、前者が後者の当て字として用いられています。
 何故、こんな無茶をやったのか。これはひとえに「書きやすさ」に拠るのでしょう。「漢字を表意文字として劣化させる」代わりに「書きやすさ」を優先しているわけです。「弁護士」と書くのと、「辯護士」と書くのとでは結構差があります。手書きであるならば。
 手書きという前提がほとんど崩れている現在において、これらの当て字は「表意文字としての劣化」という弊害のみが残っている現象とも言えます(というわけで、個人的には手書きでない場合は使い分けるように意識しています。それでも間違えるんですが;苦笑)。
 もっとも、当用漢字字体表ではなく、当用漢字表の段階から、この当て字が収録されているということは、かなり昔から用いられている当て字であり、戦後に導入されたものではないわけですが。
 さて、単漢字レベルでの代用ということならば、上記の例でほとんどだと思うのですが、単語レベルになると、また山のように「当て字」が出てきます。(以下、次回)

ランキング参加中。よろしければ1クリックを。
にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ストラップさま:

コメントありがとうございます。

また、改めて整理するつもりですが、
「慰藉料」→「慰謝料」
「刺戟」→「刺激」
とか、本当にこの手の当て字は山のようにありますものね。特に前者は法律用語が「慰謝料」になってしまっているので、今更旧来の表記に戻すとしたら、相当に面倒なことになってしまいます。
ただ、一方で未だに学校教育は漢字を表意文字としか教えていないのは大いなる矛盾だと思ってます。

>mujinさま:

コメントありがとうございます。

「そもそも区別がある」ことを大事にするかどうか、言い換えれば表意文字であることに何処まで固執するのか、という問題ですよね……

大学で中国文学なぞ専攻していたので、私自身は固執したい気持が強いのですが。それにこだわると、相手との意思疎通に障碍が出る……これでは本末転倒ですものね。悩ましいです。
2008/10/25(土) 04:59:57 | URL | たけたつる #-[ 編集]
弁護士が辯護士、弁理士が辨理士だったりして、新字になると、そもそも区別があること自体、分からなくなるのが面白いですね。
2008/10/25(土) 01:02:24 | URL | mujin #JalddpaA[ 編集]
「銓衡」→「選考」とか、もう読めないですよ、浅学な僕には。

そういえば中国では「機」を「机」と書いているらしく、紛らわしいですね。
2008/10/25(土) 00:05:42 | URL | ストラップ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/108-042c1066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。