南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭をぶん殴られるような衝撃(笑)。

いや、英傑群像さんのところで、そういう記述があったのでメモ。

>劉備(りゅうび)の息子に劉封(りゅうほう 養子)、劉禅(りゅうぜん)
>という人物がいます。
>この事からだけでも、劉備は少なくとも劉封を養子に迎えた段階から
>皇帝の位というのを意識していたと推測されます。

>というのもこの息子の名前を二つ並べると「封禅」となり、
>始皇帝(しこうてい)以来の歴代皇帝達が、泰山(たいざん)と
>いう場所で行われた皇帝だけに許された「儀式」の名前になるからです。

元記事はコチラ↓
http://www.chugen.net/base/name.html

これって常識? 私が無知なだけ?(ウスくてスミマセン)

口惜しいのでツッコんでおくと、始皇帝は封禅を復活させたのであって、始皇帝以前に数多くの天子が封禅を行なっており、むしろ、始皇帝以降の方が少ない。三国までに限ると、始皇帝以来、漢は武帝のみ、後漢は光武帝・章帝・安帝の3人。三国の天子は誰ひとりしておらず、三国以降も数えるほどしかいない。

ちなみに封禅の概要については、下記を参照↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%81%E7%A6%85

ただ、この事実、劉備としては喧伝されたら拙いのかも。簒奪とまでは言わないまでも帝位継承の野心を早い段階からもっていたのがバレてしまう(笑)

ついでに気がついた小ネタ。

蜀志・劉封伝に拠れば、「先主が荊州にやってきた時、まだ後継ぎが無かったので、劉封を養子にした(先主至荊州、以未有継嗣、養封為子)」とあるから、史実では彼が養子になったのは劉禅生誕(建安12年、207)以前のはず。

ところが、『三国志演義』では、第34回(毛本)で甘夫人が阿斗を産んだ(建安12年春の設定)のに対し、劉封が養子になるのは第36回(建安12年の春~秋のいつか)。史実とは前後が逆になっているから、「封」「禅」の順序も崩れている。勿体ない(笑)。

『演義』がどうしてこんなことをしたかは不明というしかないけれど、劉封を養子にしたとき、関羽が「すでに子(阿斗)がいるのに、どうして螟蛉(アオムシ。養子のこと)を用いるのか」と言っているのに注目。毛宗崗なんかに言わせると、これが後に関羽の窮地に劉封が援軍を送らない伏線になっているのだそうな。

それよりも、関羽、すでに養子になっている関平の立場は?(笑)

以上、小ネタでした。

   → 雑記目次へ戻る
   → 総目次へ戻る

ランキング参加中。よろしければ1クリックを。(別窓で開きます)
にほんブログ村 歴史ブログへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/112-72623147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。