南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事の続きです。 → 「氾濫する当て字」

さて、当用漢字の制定目的は、まぎれもなく「漢字制限」にありました。
当用漢字を制定するに当たっての内閣訓令に、

>従来、わが国において用いられる漢字は、その数がはなはだ多く、
>その用いかたも複雑であるために、教育上または社会生活上、
>多くの不便があつた。これを制限することは、国民の生活能率をあげ、
>文化水準を高める上に、資するところが少くない。

出典↓(ただし、旧字は新字に改める)
http://www.aozora.gr.jp/kanji_table/touyoukanji_hyou/

とあることからも一目瞭然です。

一番率直な感想は「敗戦が餘程ショックだったんだね」ですが、それは関係なくて、是非はともかくとして意図は判ります。漢字というものが、文字としては修得困難なものであり、それが字形の複雑さもさることながら、その数に起因しているのも疑いのない事実です。

例えば、中国における識字率というのは、未だに9割とか8割とか言われているわけですが、まあ、日常的に中国語使うだけでも5~6,000の漢字が必要であって、アルファベットでOKとか、ハングルだけでOKとか、書けなくなったら平仮名でOK、みたいなわけに行かない以上、ある意味で仕方がない数字でしょうな。

ので、戦後の日本の場合、漢字制限が必要という話になったわけで、当用漢字の登場と相成ったわけですが、コイツの問題は、「当用」=「まさにもちうべき」=「これしか使っちゃならん」という漢字の癖に、「選定基準がサッパリ判らん」という点にあります。

結果、よく言われる例(というか70年代までの新聞には頻出)ですが、こんな表記が生まれてしまいました。

「女子中学生ら致される」 → 「いたされる」って何?
「経済状況の悪化を危ぐ」 → 「あやぐ」なんて動詞あったっけ?

無論、これら所謂「交ぜ書き」ってヤツで、ちゃんと漢字使えば、「女子中学生拉致される」「経済状況の悪化を危惧」なわけですが、「拉」「危」が当用漢字外なので、こういう阿呆な表記になるわけです。

まあ、「交ぜ書き」そのものは1981年10月1日に「常用漢字表」が制定され、「当用漢字表」が廃止されたことで、大分緩和されました。これは別に当用漢字表から常用漢字表の過程で漢字が増えたわけではなくて、

>今後、各行政機関においては、この表を現代の国語を
>書き表すための漢字使用の目安とするものとする。
出典↓
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000001740&clc=1000000068&cmc=1000003929&cli=1000001609&cmi=1000001733

と言うように、当用漢字の段階でははっきりと「制限」であったものが、「目安」に後退したからです。

まァ、意味がとれない「交ぜ書き」が無くなったことは喜ばしい限りですが、一方で当用漢字の段階で導入された大量の当て字は、そのままで、最早「定着」してしまってます。

例を挙げ出すとキリがないのですが、思いつくものを列挙していくと(括弧内が本来の表記)、

「刺激(刺戟)」「選考(銓衡)」「英知(叡智)」「援護(掩護)」「憶説(憶説)」「開削(開鑿)」「収集(蒐集)」「障害(障碍)」「破棄(破毀)」「編集(編輯)」「風刺(諷刺)」等々

まだまだありますが、この辺で。
これらはすべて当て字を用いられた表記です。言葉を換えれば、もはや表意文字としては意味をなしていない単語だということになります。

「交ぜ書き」に無理を感じるなら、こちらも廃止すべきでしょう。ただし、すでに「定着」してしまった現象ですので、それを再び覆すのは容易ではない。特に交ぜ書きと違い、こちらは元に復した場合、学校教育にモロに響いてきます。

まァ、こういう現象がある、という認識が少しでもひろめて、日本語と漢字の関係を考える機会を増やせたらいいな、くらいのトーンで覚書。

以下、現在の続稿豫定。

・人名用漢字の二重基準
・ワープロ文字を排除せよ(笑)

ランキング参加中。よろしければ1クリックを。
にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ストラップさま:

「辨」の字を見ての印象ですかね。相当漢字の読めるちびっ子と見た(笑)。
2008/11/02(日) 07:38:10 | URL | たけたつる #-[ 編集]
昨夜博多駅で
「驛辨當」の字を見てちびっ子が「辛そう」と言っているのを目撃しました(汗)
何だかタイムリーな感じだったので報告です。
2008/11/01(土) 00:42:01 | URL | ストラップ #91Ng.RCQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/113-9378b481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。