南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、正史から演義への変化について考察してゆこうとするわけですが。
まず、導入篇ということで張飛の字について。


よく知られているように、正史では「益徳」、演義では「翼徳」です。
で、どっちが「史実」であるかと言えば、これは当たり前ですが正史です。


んでもって演義の「翼徳」は間違いである、と、そう言われます。
例えば、『蒼天航路』の張飛初名乗りのシーン。


「我こそはタク[さんずいに豕]県済佳村の出自にて美髯団頭目
関雲長が義理の弟、張飛!字を益徳!」


『蒼天航路クロニクル』第1巻を参照してますが、単行本の時と
台詞が変わってますね。単行本では張飛益徳と続けて
名乗っていたような記憶がある(記憶違いかも知れません)。


ま、それはともかく、ここのところ、わざわざ、
「『三国志演義』などでは張飛翼徳の名で描かれている」
と註釈が入ります。言外に演義は間違っていると仄めかしている
ような気がする記述ですな。


さて、では質問。


その一「本当に演義では翼徳なの?」
その二「演義が初めて翼徳って書いたの?」
その三「なぜ演義は翼徳って書いているの?」

即答できましたでしょうか。


その一の答え
「ほとんどの演義では翼徳になっているが、
益徳とする版
(エディション)もある」


少しく説明が必要ですね。
『三国志演義』という名前はよく知られていますが、
じつはこの作品、種腫の版本があって、どれもこれも微妙に
あるいは大幅に違います。詳しいことは他日に譲りますが、
少なくとも羅貫中が書いた原作がそのまま残っているとか、
そういう分かりやすい状況では全然ありません。


張飛の字に限定すると、現存最古とされる版本(嘉靖本と称されることが多い)では
正史と同じく「益徳」になっています。


その二の答え
「演義に先行する『三国志平話』や雑劇の段階で
すでに張飛の字は翼徳になっている」


というわけで演義が書き改めたわけではありません。


で、最大の疑問である「その三」については……続く。

   → 張飛の字について(後)

   → 私論三国志目次へ戻る
   → 総目次へ戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんはv-16
昨日の夜に手元に届きました!!
本当に嬉しいです(>。<!!どちらもv-238
全部読みたいとおもいます!)!)
たけさんの成分になったものを解明してきます!)!)
2006/06/08(木) 00:46:19 | URL | まみんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/13-79369497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。