南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと4分の1終了~、先は長い……
凡例:赤=主語 黄=述語 シアン=目的語 白=その他
   毛本の訓読は井波律子訳に拠る。李本は私訳。

[第26回]
李:雲長 延津  文醜   (雲長 延津に文醜を誅し)
  関雲長      (関雲長 金を封じて印を掛く)
毛:袁本初      (袁本初 兵を敗り将を折り)
  関雲長      (関雲長 印を挂け金を封ず)
〔李本はともに関羽が主語だが、毛本は前半を袁紹に変更。対句としての洗練度を上げている。毛本の前半で袁紹が「袁本初」になっているのは後半の「関雲長」と合わせるため。〕

[第27回]
李:関雲長 千里 独行    (関雲長 千里を独行し)
  関雲長 五関     (関雲長 五関に将を斬る)
毛:美髯公 千里  単騎  (美髯公 千里 単騎を走らせ)
  漢寿侯 五関  六将  (漢寿侯 五関に六将を斬る)
〔李本は主語を「関雲長」で揃え「千」「五」と数字を並べるなど、稚拙ながら対句と言えないことはない。第26回と同じく前後半とも主語は関羽だが、この回そのものが徹頭徹尾関羽の話で構成されているため、さしもの毛本もこれを変更することはできず、「美髯公」「漢寿侯」と関羽の異称を用いて対句を構成している。「寿亭侯」ではなく「漢寿侯」であることに注目。関羽に下賜された爵号「漢寿亭侯」を「漢の寿亭侯」と解し、関羽を「寿亭侯」と称することは『演義』以前からの現象であり、『演義』にもしばしば見られるが、この爵号は「漢寿(地名)の亭侯」の謂であるから、「寿亭侯」という称はおかしい、というのもしばしば指摘されるところである。おそらく毛本はこの点を踏まえ、「漢寿侯」という些かこなれない称を用いているのであろう。〕

[第28回]
李:雲長    蔡陽  (雲長 鼓を擂ちて蔡陽を斬り)
  劉玄徳 古城     (劉玄徳 古城にて義に聚まる)
毛: 蔡陽 兄弟    (蔡陽を斬りて兄弟 疑いを釈き)
   古城 主臣    (古城に会して主臣 義に聚まる)
〔毛本において主語が固有名詞でないのは珍しいかも知れない。言わずもがなかも知れないが「兄弟」は関羽と張飛(と劉備)、「主臣」は劉備と関羽・張飛・趙雲などを指す。〕

[第29回]
李:孫策 怒斬 于神仙   (孫策 怒りて于神仙を斬り)
  孫権    江東 (孫権 衆を領して江東に拠す)
毛:小覇王 怒斬 于吉   (小覇王 怒りて于吉を斬り)
  碧眼児 坐領 江東   (碧眼児 坐して江東を領す)
〔内容的には李本・毛本ともほぼ同じだが、毛本は綺麗な対句。また、孫策・孫権を呼び捨てにすることを避け、「小覇王」「碧眼児」という称を用いている点に注目。古い『演義』が比較的孫呉に冷淡であるのに対し、毛本が孫呉に肩入れする傾向が強いことはしばしば指摘される(明確な論拠はあまり示されないが)。この回目はその傾向の一端を示すものと言えるかも知れない。〕

[第30回]
李:曹操 官渡  袁紹  (曹操 官渡にて袁紹と戦い)
  曹操 烏巣  糧草  (曹操 烏巣にて糧草を焼く)
毛: 官渡 本初 敗績  (官渡に戦いて本初 敗績し)
   烏巣 孟徳   (烏巣を劫って孟徳 糧を焼く)
〔李本も稚拙ながら対句だが、毛本の方が数段上。ただ、なぜ「袁紹」「曹操」ではなく字なのかは解らない。〕

        << 第21-25回           第31-35回 >>

   → 「2.2.3 李卓吾批評本」へ戻る
   → 2.0 前口上および目次へ戻る
   → 総目次へ戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/133-58f80666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。