南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し休んでしまいました。赤壁終了~
凡例:赤=主語 黄=述語 シアン=目的語 白=その他
   毛本の訓読は井波律子訳に拠る。李本は私訳。

[第46回]
李:諸葛亮 計伏 周瑜   (諸葛亮 計もて周瑜を伏し)
  黄蓋    曹操 (黄蓋 計を献じて曹操を破る)
毛: 奇謀 孔明   (奇謀を用いて孔明 箭を借り)
   密計 黄蓋   (密計を献じて黄蓋 刑を受く)
〔李本の後半は第44回後半の使い回しの印象。毛本は内容が極めて明確になっている。〕

[第47回]
李:闞沢 密  詐降書  (闞沢 密かに詐降の書を献じ)
  龐統 進献 連環計   (龐統 進みて連環の計を献ず)
毛:闞沢 密  詐降書  (闞沢 密かに詐降の書を献じ)
  龐統 巧  連環計  (龐統 巧みに連環の計を授く)
〔李本も一応対句。ただ、「献」が重なるなど巧妙とは言い難いものを毛本は「進献」を「巧授」に改めるのみで完成度を上げている。〕

[第48回]
李:曹孟徳     (曹孟徳 槊を横たえて詩を賦し)
  曹操 三江 調 水軍  (曹操 三江にて水軍を調う)
毛: 長江 曹操   (長江に宴して曹操 詩を賦し)
   戦船 北軍   (戦船に鎖して北軍 武を用う)
〔物語の中心が曹操軍に固定されている回。毛本は対句化するのにやや苦労している印象。李本で採用されている「横槊賦詩」が毛本では失われているのが惜しい。〕

[第49回]
李:七星壇 諸葛    (七星壇に諸葛 風を祭り)
  周公瑾 赤壁    (周公瑾 赤壁に兵を鏖にす)
毛:七星壇 諸葛    (七星壇に諸葛 風を祭り)
  三江口 周瑜    (三江口に周瑜 火を縦つ)
〔赤壁クライマックス。毛本は、前半については李本をそのまま用い、後半を巧くアレンジ。数字で揃えるために「三江口」なんてマイナーな地名を使っているのがやや苦しいが。〕

[第50回]
李:曹操 敗走 華容道   (曹操 敗れて華容道を走り)
  関雲長 義釈 曹操   (関雲長 義もて曹操を釈す)
毛:諸葛亮 智算 華容   (諸葛亮 智もて華容を算り)
  関雲長 義釈 曹操   (関雲長 義もて曹操を釈す)
〔第49回とは逆に李本後半を毛本はそのまま採用。前半をアレンジ。〕

        << 第41-45回           第51-55回 >>

   → 「2.2.3 李卓吾批評本」へ戻る
   → 2.0 前口上および目次へ戻る
   → 総目次へ戻る



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/137-ec6a75be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。