南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに三国滅亡。何とか年度内に終った~(笑)
凡例:赤=主語 黄=述語 シアン=目的語 白=その他
   毛本の訓読は井波律子訳に拠る。李本は私訳。

[第111回]
李:艾 段谷  姜維    (艾 段谷に姜維を破り)
  司馬昭  諸葛誕     (司馬昭 諸葛誕を破る)
毛:士載 智敗 姜伯約    (士載 智もて姜伯約を敗り)
  諸葛誕 義討 司馬昭    (諸葛誕 義もて司馬昭を討つ)
〔李本はあまりに藝が無いかも。毛本後半は李本の主客を入れ替えて、司馬昭を非難する価値観を示しているか。〕

[第112回]
李:忠義士于詮       (忠義の士 于詮 節に死し)
  姜維 長城  艾    (姜維 長城にて艾と戦う)(五犯中原)
毛: 寿春 于詮     (寿春を救わんとして于詮 節に死し)
   長城 伯約     (長城を取りて伯約 兵を鏖〔みなごろし〕にす)
〔やっぱり李本は淡泊。〕

[第113回]
李:孫綝    孫休   (孫綝 主を廃し孫休を立て)
  姜維 祁山  艾    (姜維 祁山にて艾と戦う)(六犯中原)
毛:丁奉    孫綝   (丁奉 計を定めて孫綝を斬り)
  姜維    艾   (姜維 陣を鬥わせて艾を破る)
〔このあたりで、李本と毛本が、姜維と艾の関係をそれぞれどう捉えているかが見えてくる。李本は述語に主として「戦」を用いるのに対し、毛本は姜維が艾を「破」るというパターンが多い。李本が両者を対等のライバル関係と描くのに対し、毛本は諸葛亮と司馬懿の関係にも似た、姜維上位の関係として捉えようとしているか。〕

[第114回]
李:司馬昭 南闕  曹髦  (司馬昭 南闕に曹髦を弑し)
  姜伯約   大戦    (姜伯約 車を棄て大いに戦う)(七犯中原)
毛:曹髦    南闕   (曹髦 車を駆って南闕に死し)
  姜維    魏兵   (姜維 糧を棄てて魏兵に勝つ)
〔李本・毛本双方ともパターン化している感あり。ただし、李本前半は八字句。かなり珍しい。〕

[第115回]
李:姜伯約 洮陽 大戦     (姜伯約 洮陽にて大いに戦い)(八犯中原)
  姜維   屯田計    (姜維 禍を避く屯田の計)(九犯中原)
毛: 班師 後主     (班師を詔して後主 讒を信じ)
   屯田 姜維     (屯田に託して姜維 禍を避く)
〔李本後半は妙に苦しい。〕

[第116回]
李:鍾会艾  漢中     (鍾会・艾 漢中を取り)
  姜維 大戦 剣門関     (姜維 大いに剣門関に戦う)
毛:鍾会   漢中道    (鍾会 兵を漢中道に分かち)
  武侯   定軍山    (武侯 聖を定軍山に顕す)
〔いよいよ蜀滅亡へ。姜維の奮戦が続く。〕

[第117回]
李: 山嶺 艾     (山嶺を鑿ちて艾 川を襲い)
  諸葛瞻 大戦 艾     (諸葛瞻 大いに艾と戦う)
毛:士載 偸  陰平    (士載 偸〔ひそ〕かに陰平を度〔わた〕り)
  諸葛瞻 戦死 綿竹     (諸葛瞻 戦って綿竹に死す)
〔艾の字、忘れてた……〕

[第118回]
李:蜀後主 輿  出降    (蜀後主 櫬に輿〔の〕りて出降し)
  艾鍾会 大      (艾・鍾会 大いに功争う)
毛: 祖廟 一王     (祖廟に哭して一王 孝に死し)
   西川 二士     (西川に入りて二士 功を争う)
〔ついに蜀が滅ぶ。〕

[第119回]
李:姜維 一計  三賢    (姜維 一計もて三賢を害し)
  司馬 復  受禅臺    (司馬 復〔ま〕た奪う受禅臺)
毛:仮 投降 巧計  虚話  (投降を仮〔いつわ〕って巧計 虚話と成り)
  再 受禅 依様  葫蘆  (再び受禅して依様〔かたどおり〕に葫蘆を画〔えが〕く)
〔李本前半の「三賢」は姜維・艾・鍾会。毛本後半は判り難いが、慣用句に拠るそうな。〕

[第120回]
李:羊祐 病中  杜預    (羊祐 病中に杜預を薦め)
  王濬 計取 石頭城     (王濬 計もて石頭城を取る)
毛: 杜預 老将  新謀  (杜預を薦めて老将 新謀を献じ)
   孫晧 三分  一統  (孫晧を降して三分 一統に帰す)
〔ついに大団円。しかし、李本の方は終ったのかどうか判らんな(笑)。〕

        << 第101-110回

   → 「2.2.3 李卓吾批評本」へ戻る
   → 2.0 前口上および目次へ戻る
   → 総目次へ戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>mujinさま

コメントありがとうございます。
時間はかかりましたが、自分なりの発見があって楽しい作業でした。

次は羅貫中の生平史料の整理でもやろうかな、と思ってます。
2009/04/01(水) 15:08:46 | URL | たけたつる #-[ 編集]
おつかれさまでした。
やはり全体的に李卓吾本のほうがシンプルな感じですが、孔明死後は毛本がそれを追うようにシンプルになっていく印象ですね。普通の文章じゃん、みたいな。最後の3回はさすがに美しいですが。
2009/03/31(火) 23:00:31 | URL | mujin #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/145-088bdc33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。