南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと思いついたのでメモ程度に(の割に長いですが)

『演義』の古本では呂布の身長は一丈ってことになってます。
(通行本では消失)。
この一丈が果たしてどのくらいの長さなのか、ってのは
(三国時代と明代では同じ一丈でも長さが違うから)
一つの問題だとは思いますが、ひとまず保留。


気になったのは、この「一丈」ってのがどこから出てきたのか、ということ。
『平話』でも呂布の身長は一丈(九尺二寸って箇所もあるけど)に
なっているので『演義』が創作したわけでは無さそう。


まあ、張飛が八尺で関羽が九尺(三寸だったり五寸だったり)なので、
何となく呂布の一丈というのは「ありそうだな」とは思う。
(ちなみに正史ではこの3人については身長の記述はありませんな。
劉備や趙雲はあるし、『演義』に引き継がれているんだけど。)


ただ、「呂布は強いから長身」というのは解らんでは無いにしても、
何で「一丈」なのか。


普通、人間の身長には使わない表現のように思う。
例えば中央研究院の『漢籍電子文献』
「人文資料庫師生版1.1」を検索してみても、
「身長一丈」は一例もない。
(07年4月17日訂正。5例ほどありました。
具体的な人名を挙げられるのは巨無覇。
『後漢書』などに出来。あと、『続高僧伝』に
「身長一丈」の「神人」が出てきたり)


一丈とおなじ長さである「身長十尺」は幾つかあるが、
堯だの、周文王だの、叔梁紇(孔子の父親)だの、
「明らかに伝説だろ、それ」
というものしか引っかかってこない。
(それを言い出したら呂布も伝説なんだけど)


では、呂布の身長はどこから来たのか。

   → 呂布の身長(続)

   → 私論三国志目次へ戻る
   → 総目次へ戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/69-bddf41bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。