南飛烏鵲楼

三国志に特化して再開します(2008.04.09)
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 雑劇について

雑劇は、元代に隆盛を見た演劇形式で、
大まかな特徴として以下の点が挙げられます。

(1)歌劇(オペラ)である

(2)4幕構成である
「幕」とは言わず、「折」という術語を用いるのが普通です。
第1折から第4折まであるわけです。
あくまで原則で第5折を有するものもありますし、
「楔子」と称される短い幕間劇が挿入される場合もあります。

(3)1折は一つの組曲からなる。
この組曲を「套数」と称します。
4折構成ですから、1つの雑劇には、
通常4つの套数が用いられることになります。

(4)一人独唱である
例外はありますが、雑劇で唱うのは、
原則的に主役ひとりのみ、です。
(主役が男性の場合、これを正末と言い、
女性の場合、これを正旦と言います)

大きな特徴としては、こんなところでしょうか。
現代からは、一寸、想像しにくい演劇形態ですね。

さて、民間から発生し、民間で流行した雑劇ですが、
明代に入ると、民間では急速に廃れます。
これは、多分に人為的なものでして、
明王朝というのはしばしば演劇の上演禁止令を出しているのです。

では、雑劇が全く上演されなくなったかというと、さにあらず。
雑劇は、明の宮廷で上演が続けられておりました。
つまり、明王朝というのは、雑劇を民間から取り上げて、
宮廷演劇にしてしまったんですな。

   → 雑劇目次へ戻る
   → 総目次へ戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taketaturu.blog68.fc2.com/tb.php/88-12ba09c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。